メンテナンス

競合他社の商品名キーワードが狙い目

リスティング条件が厳しくて

 

商品名や商標キーワードを使えない場合

 

他社の似たような商品名キーワードも利用できます。

 

 

例えば『婚活パーティー』の案件ですが

 

ASPで調べると10件以上の案件が出てきます。

 

リスティング条件を見てみると商標関連NGが目立ちます。

 

cf45140f39e9b171575ebb91b33b3964_s

 

 

しかし、どの案件でも目的は同じということです。

 

婚活パーティーの参加者を集めてパーティーを運営する。

 

あとはどの会社のものを選ぶのかということ。

 

 

 

さらにいうと婚活パーティーは

 

会社ごとに企画が様々で会社で選ぶよりも

 

この企画を見て参加します。

 

 

 

なのでA社のキーワードに

 

B者の広告を出稿してもクリックされるし申し込みもされます。

 

 

 

このような形で

 

同じ目的だが複数の案件があるものは多いと思います。

 

その場合はこの方法でもお申し込みがあります。

 

 

 

しかし、大手のA社に

 

最近販売スタートしたB社の広告が出ていたらどうでしょうか?

 

 

 

A社を知っていて検索しているので当然B社と比較するわけです。

 

よっぽどB社の商品が価格や品質が魅力的でないと

 

大手のA社に広告を出稿しても売れません。

 

 

 

逆の場合は効果を望めます。

 

B社を調べてみたけど大手A社の広告をクリックして見てみたら

 

やっぱりA社の方がいいよね!

 

という検索者も考えられます。

 

 

 

このような形で

 

リスティング条件が厳しい案件の場合は

 

他社の商品名やキーワードも調べてみてください。

 

 

 

もしその商品がアフィリエイト案件でない場合は

 

がら空きのキーワードになりますのでチャンスです。

 

 

 

ステップ20:PPCアフィリエイトで売れる日にちはいつ?調査しました