Yahooプロモーション広告の掲載基準が2018年4月に変更!?

Yahooプロモーション広告の掲載基準が
2018年4月18日(水)を目安に変更されると
正式に発表されちゃいました。

それによってPPCやYDN実践者の方は
従来通り広告を掲載できない場合があるので
今のうちから対策を考えなきゃいけません!

広告の掲載基準が2018年4月に変更

2018年最初の広告掲載基準の変化ということで、
やはり年々審査が厳しくなってしまって
PPCアフィリエイト実践者は注意しなきゃいけません。

去年は薬事法関連の基準が厳しくなり、
公式サイトのLPまで審査されるようになったり
かなりダメージは大きいものの、
今回の審査基準の変更もなかなかのものです。

主な広告掲載基準の変更

いくつかPPCアフィリエイトするのに
関わってくる部分があるので
その部分だけ簡単に解説していきますね。

PPCアフィリエイターにとって
いい影響は少ないのと
掲載基準の変更は2018年の4月中になるので
今後も追加される可能性もあります。

「提携」の表示が不要に変更

今までSSとYDNの広告を出稿する場合には、
アフィリエイトサイトに限って
「提携」という文字を広告に入れなきゃいけなかったが
今後は入れなくてもよくなるということです。

なので、広告で使用できる文字数のうち、
「提携」がないだけで少しでも情報を増やすことが可能で、
アフィリエイトサイトだという判断が
広告を見ただけでは判断できなくなります。

一般のユーザーからしたら、
「提携」のあるなしは関係ないことなので
特にクリック数が向上するとかはないものの
ライバルからの無駄クリックは減るかもしれませんね。

有用性の低い広告の掲載不可能

これが今回一番大きな影響を与えるもので、
今までのこれと同じような規約で
独自のコンテンツが乏しいものに関しては
サイトが審査落ちしてしまっていました。

なので、説明文を追加するとかで
なんとか対策はすることができましたが・・・

新たな部分として、
「公式サイトを閲覧すれば一目瞭然で確認できる内容」
は審査に通らない可能性が出てきました。

キャプチャした画像を何枚も使ったサイトや、
コピペだけのサイトというのがNGになるかもしれないので
オリジナルの文章で作成したサイトを作る必要があります。

前々から言われ続けてきたことですが、
「しっかりしたコンテンツサイト」
でなきゃ広告掲載できないと言うことになります。
*1月の段階では推測なのでまだ分かりません

そのためにライティングスキルが必要になり
今まで画像だけのペラページでやっている方は
4月までにライティングのスキルを身につけれるように
勉強していったほうがいいと思います。

アービトラージサイト等の広告をクリックさせる目的のサイト

アービトラージサイトというのも、
PPCアフィリエイトでよく言われている
画像とボタンだけのペラページということで、
これも掲載されないと言うことになります。
*オリジナルの記事を書けってことです

それに加えて複数の広告の表示であったり
クリックを目的されると判断されてしまうと
それも掲載不可になる可能性があります。

なのでアドセンスをつけている人た、
バナー広告を貼りまくっている人は
削除して1案件だけの紹介であれば問題ないです。

体験談記事も掲載不可能に!?

「正確性・信憑性に欠ける」と
判断されるものは掲載できません。
という項目が今回の基準で追加される予定です。

どういうことかというと、
個人の意見で痩せた痩せていないなど
信憑性のない表現というのが
今後、審査に通らない可能性があります。

特にYDNとか体験談風に書いていたりする人は
これによって広告の掲載が止まるかもしれませんが
どこまでがOKでNGなのかが不明確なので
今の段階では対処の使用がないです。

例えば、
全体の構成や使用した結果のような部分、
また口コミの記載といった部分
これによって影響が受けそうな気もします。

正確性や信憑性ということなので、
その結果が証明できる資料や表現があれば
審査に通すことができるとかありそうなので
今後どう対応していくかですね。

公式サイトと誤認される広告は掲載不可

以前からあったような気もしましたが、
「公式」の文言を使った広告が掲載不可になり
公式サイトに遷移すると誤認を与えるような表現も
NGな部分と言うことになります。

またサイト内でサービス名を
記載しなきゃいけないということで、
「商品名」を掲載するサイト上で入れないと
これも掲載不可になる可能性があります。

・公式と誤認される表現はしない
・アフィリサイト内には紹介するサービス名を記載
この2つさえ守っていれば影響はありません。

恣意的なランキング&比較サイトは掲載不可

ランキングサイトや比較サイトを
やっている方はそんなに多くないと思いますが
Googleアドワーズのように
「絞り込み」や「並び替え」機能がないとダメなようです。

それもサイト作成者による恣意的と判断であり、
順位をつかたりしていると思いますが、
価格帯での並び替えなど正式なデータや判断として
並び替えできなきゃいけないようです。

まあ、多くの方はやってないと思いますし、
私もランキングサイトや比較サイトはやっていないので
特に関係ないですが、今後は気軽にやるのは厳しそうですね。

広告の掲載基準のまとめ

Yahooプロモーション広告の掲載基準が
2018年4月18日(水)を目安に変更されるので
今の段階での変更点になりますので、
さらに増える可能性というのもあります。

今の段階で対策することは少ないですが、
やはりライティングスキルあるかないか
すぐに対応できるかどうか変わってくると思います。

だって記事を書くこともできないのに、
いきなり成約される記事を書くことって99%無理です。

記事を書き続けてテストを行ったり
どこに気をつけて書けばいいのかなど
ライティングのポイントを勉強して実践すれば
日々スキルは磨かれていきます。

なので今の段階でペラページで出稿して
自分で記事を書くことをしていない人は
4月の変更によって辛い思いをするかもしれません。

私の場合は、
前々からライティングスキルを磨いてきたので
どうとでも対応できると思っています。

ですが、体験談など信憑性の低い表現がNGになると
今成約されているYDNやSSのサイトは当てはまるので
大きく構成を変える必要があるのかが、
一番気をつけたい部分になります。

これも今から対策することはないので、
その時になって構成を変更してみたりで
どの程度が審査に通るのかを知る必要がありますね。

まあ変更が4月の半ばになりますので、
それまで報酬を伸ばすのもいいですが
他の媒体での収益源を作るのもありだと思いますよ!
Yahooプロモーション広告の規約変更とPPCアフィリエイトの対策