PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトの特商法で個人情報を出さない方法

PPCアフィリエイトを始める時、Yahooプロモーション広告の場合特商法(特定商取引法に基づく表記を明記)を記事内にリンクして表示させないといけません。

この特商法というのも、インターネットを利用した通信販売ではこの表示が求められていて、

ネット上で顔が見えない状況から、記事や広告の情報が不十分や不明確なもので、トラブルが生じる可能性があることからになります。

サイトの運営者の名前や、住所・電話番号・メールアドレス等情報を載せないといけないんですね

PPCアフィリエイトで特商法を載せたくない

PPCアフィリエイトを始める時、特商法で個人情報を載せてしまうと、

住所や名前など出てしまって本業にバレてしまったり怖くて出したくないと思います。

でも表示しないと広告の審査に通らないので…PPCアフィリエイトをやっていくなら、

特商法の表示が確実に必要になってきます。

あわせて読みたい
PPCアフィリエイトとは?今からでも稼げる3ステップ本日はPPCアフィリエイトについて 基本的な事からPPCアフィリエイトで稼げる3ステップを紹介します。 今からPPCアフィリエイトを...

そこで、この記事では少しでも個人情報を出さないで、特商法を記載し審査にも影響のない方法をお伝えしていきます!!

1:検索エンジンに表示されないようにする

仮に特商法のページを作成した時に、そのページが検索エンジンにインデックスされてしまうと、検索から住所など調べたら出てきてしまいます。

そのページだけインデックスしないように設定してもいいですが、PPCアフィリエイト用のサイトであれば、サイト全体をインデックスしなくてもいいです。

なのでワードプレスであれば、「設定」→「表示」から

上記の表示があるのでチェックを入れることで、検索エンジンに登録されないようになります。

2:運営者情報の表示はアカウント名

Yahooプロモーションでの運営者は、登録した時のアカウント名と一致している必要があり名前で登録しなくて大丈夫なんです。

既に登録済みでも変更が可能で、「アカウント管理」→「確認」→「アカウント設定情報を変更」の手順でアカウント名の変更が可能です。

名前で登録しているのであれば、表示名を変更して特商法にも変更後のものに修正してあげてください。

*最近の規約変更などの問題で、運営者情報の記載が必要になってきているので、苗字でもいいので表示する必要があります。

3:バーチャルオフィスで住所を取得

住所ですが、家族で住んでいたり、実家暮らしとかだと変な手紙だったり誰かが来るんじゃないかなど心配になると思います。

もちろん私は何年もやっていて何の影響もなかったので、住所はそのままでもいいと思っている派です。

また登録の住所と違いがあるとあまり良くないので、Yahooプロモーション広告に登録している情報と一致するようにしてください。

それでも住所を出したくないのであれば、バーチャルオフィスに登録して、使用できる住所を入手することになります。

バーチャルオフィスというのも

住所貸しサービスであり、副業や企業などする場面でいきなりオフィスを借りずに商業利用できるというイメージです。

なので、自宅以外の住所を今回の特商法に記載していくことや他の場面でも使用できるので安心して利用することができます。

価格帯としては、安いもので1年間で1万円以下で利用できるものもあるので、かなり安く利用できるイメージです。

でも、バーチャルオフィスによっては住所の記載は画像でキャプチャしたものしか利用しちゃダメなどのルールもあるので登録前によく確認してみてくださいね。

4:050の電話番号で登録時もクリア

電話番号ですが、登録時の承認などがあって自分の携帯電話ではないといけないイメージですが…

無料で取得することができる、電話番号でも承認することができて、特商法にも記載することが可能です。

050の電話番号の取得方法

無料で取得できるサービスとして有名な

「SMARTalk」「ブラステル」だと無料で登録するだけで数分程度で取得ができちゃいます。

登録時の違いとしては、クレジットカードが必要かどうかであり、「SMARTalk」は必要になりますが、「ブラステル」は必要ないです。

なので作成が楽にできるのは、「ブラステル」の方になりますし、スマホアプリから電話の受信もできるので普通に利用することが可能です。

*検索すれば解説している記事があるので、詳細などはそちらを参考にしてください。

電話番号認証をクリアする方法

Yahooプロモーション広告の登録時に電話番号認証というのものがある、SMS対応していれば
SMSで番号が送られて入力するだけで簡単に完了することができます。

でも、050の場合はSMSに非対応なので、違った方法で認証する必要があります。

認証するときに、赤枠の「こちら」から進んでいくと電話での認証をすることができます。

入力した電話番号あてに、Yahooから電話がかかってきて機械で認証コードを伝えてくれるのでこれならSMS非対応でも認証が可能です。

5:レンタルサーバーでメールアドレスを取得

電話番号と同じく登録時にメールでの認証コードを入力する必要がありフリーアドレスでは登録ができないんです。(Gmailなど)

キャリアメールアドレスがあるなら@softbankなどのもので対応できますが最近の格安スマホなどだとないので困る人が少なくてもいると思います。

そこでレンタルサーバーで、メールアドレスを取得すれば無料でサクッと作成が可能になります。

エックスサーバーの場合

サーバーパネルにログインした後、メールアカウント設定をクリックして、ドメインを選択します。

その後下記のように「メールアカウント追加」の画面から入力を進めていけば作成完了です。(*パスワードは忘れないように)

その後はメールを確認できるので、登録時のメールアドレスとして使用が可能で特商法にも作成したものを利用できちゃいます。

まとめ

Yahooプロモーション広告で、PPCアフィリエイトをやっていくには特商法の表示が必要になってきますが、

この記事で解説した5つのポイントを利用すれば個人情報は最低限で特商法を作成できるので本業などへの身バレなどもなく安心して利用することができます。

まあ「関係ないよね!」って考えの人は住んでいる住所や名前や電話番号を入れて正しく作成した方が圧倒的に楽なのは確かです。

実際それでトラブルになったことなど、数年間で1回くらいしかないので正直そこまで神経質になる必要もないですよ。

その1回というのもこれです(笑)

あわせて読みたい
PPCで出稿中の案件に対してクレーム電話がきました!! PPCアフィリエイトやYDNを実践している方はわかる通り 特商法や運営者情報を載せていないと掲載することができず、...