YDN

YDNアフィリエイト完全攻略マップ

YDNアフィリエイトって聞いたことありますか?

教材販売も少なくライバルも少ない手法なので密かに注目を集めているんですよ。

YDNとは?

Yahoo!ディスプレイアドネットワークの略でYDNと言われており、PPCアフィリエイトの中の1つでもあり、

ここ最近では従来のPPC(スポンサードサーチ)よりも勢いが凄いです。

というのも、従来のPPC(スポンサードサーチ)はリスティング条件や、Yahooの広告審査が厳しくなったりしているのが現状であり後発組は稼げないとも言われています。

また多くの教材や塾などがあるのでライバルも年々増加していて1クリックあたりの
単価というのも高騰していて厳しいという意見もあります。

まあ、そんなこと言われていても、後発組の私や教えているコンサル生も結果を出しているので私の個人の意見としては「まだまだ稼げます!!」

あわせて読みたい
PPCアフィリエイトPPCアフィリエイトとは PPCアフィリエイトといのは、PPC広告と言われている広告運用型のアフィリエイトになります。 ...

なぜ従来PPC(スポンサードサーチ)よりも注目されているのか

従来のPPC(スポンサードサーチ)と比べるとYDNの特徴として以下のものがあげられます。

1:スポンサードサーチよりもクリック単価が激安

2:アプローチできる数が桁違いに違う

3:豊富な広告タイプと細かいターゲティングが可能

1:スポンサードサーチよりもクリック単価が激安

YDNの場合は過去に検索されたユーザーに対して広告を出すことができスポンサードサーチの約1/5〜1/10ほどです。
→ YDNで出稿すれば広告費が激安ってホント!?

イメージとしては
スポンサードサーチ → クリック単価200円程度
YDN → クリック単価約20円程度

正直、めちゃくちゃ安いんです。

それにライバルも今ならYDNは多くないので価格競争にもなっていないので、ここまでの価格で広告を出せちゃうってことです。

2:アプローチできる数が桁違いに違う

スポンサードサーチの場合は検索してリアルタイムで広告が配信されますよね。

なのでそのキーワード自体の検索ボリュームなどでかなり左右されてしまいますし、無難なキーワードだとライバルが多すぎて出稿しても単価が高くて赤字になるリスクが高くなります。

ですが、YDNの場合というのは過去に検索した方や興味関心で広告を出稿することができしかも配信先がめちゃくちゃ多いんです。

のちほど詳しく解説していますが、スポンサードサーチが配信できる場所が1だとしたYDNの場合は100くらいのイメージです。
YDNの配信先が多すぎて逆に成約されない!?

3:豊富な広告タイプと細かいターゲティングが可能

YDNの場合、スポンサードサーチ同様にテキスト広告の他、テンプレート広告&ディスプレイ広告という全3タイプの広告でアプローチすることができます。

簡単にいうと画像広告が使えるって覚えておけば大丈夫です。

画像広告というのも下記のような感じになります。

どうでしょうか?

パソコンやスマホをいじっていたらよく目にしますよね。それをYDNでは扱えてしまうってことです。

テキスト広告よりも断然画像を使った広告の方が反応いいですし、

私の実践している感じだと成約率も画像広告からの方が圧倒的に高いというデータも出ています。

またYDNでは細かいターゲティング設定もでき、「年齢、性別、地域、時間」などなど

紹介する案件にあったターゲティングを決めるのがYDNで稼ぐための1つのポイントになります。

だってスポンサードサーチの場合とか、女性向けの商品でも男性が検索したら広告が出てクリックされちゃって広告費が発生しますよね。

それってかなり無駄だと思いませんか?

ですのでYDNは細かい設定で無駄なクリックもなくして自分が本当に狙っているターゲットに広告を出すことが可能です。

YDNとスポンサードサーチの違い

YDNの場合は提携しているサイトに対して広告を出しますので、アプローチできる数がめちゃくちゃあります。

ですが…過去に検索したキーワードなど潜在層に対して広告を出すのでスポンサードサーチよりも成約が難しいというのが難点です。

その点もあってライバルも少なく広告費を安く出せるのがYDNの魅力でもあり、

潜在層に対してアプローチできるサイトを作成すれば潜在層に対してでも成約させることができます。

なのでスポンサードサーチと比べるとページ作成の部分があるので文字を書くことが苦手な方や単純作業が好きな方にとっては少し嫌になるかもしれません。

広告の掲載先

従来PPC(スポンサードサーチ)

検索したユーザーに対してリアルタイムで広告が出ます。(広告表示箇所は基本的にはヤフーの検索上部)

YDNの広告配信先

ヤフーの提携しているサイトに対して広告が出るのでスポンサードサーチと比べると表示される回数がめちゃくちゃ多い。

*提携しているサイトの一部

ヤフーメールやニュース、スポーツなどこのように出ている広告というのもYDNの広告枠になり普段目にしていることも多いかと思います。

*ヤフーメールのYDN広告枠

配信できる広告の種類

従来のPPC(スポンサードサーチ)ではテキスト広告だけの配信でしたがYDNで大きく3つの広告タイプで配信することができます。

テキスト広告

テキストのみの広告で文字だけなので一番簡単。

【タイトル15字、説明文2行の19字×2】

またYDNでは画像が自動で入るように設定ができちゃうのでこのような感じのイメージになります。

↑ 私が薬剤師の求人や脱毛系を見てたから類似の広告が表示されています。

テンプレート広告(画像広告)

「画像」と「テキスト」を組み合わせた広告で、

画像はフリー素材のものなどを追加して文字はテキスト広告のような文言を入れれば作成することができます。

ディスプレイ広告みたく画像だけじゃないので作成するのテキスト広告と同様簡単でスマホにもレスポンシブ対応なので広告が出せます。

*テンプレート広告のイメージ

ディスプレイ広告(画像広告)

画像だけの広告になりますので、Photoshopなどで画像広告を作成しなければいけません。

画像のサイズ:300×250で作成がおすすめ

必要事項:「アフィリエイト広告」、「主体者表記」

ディスプレイ広告のイメージ

またここ最近になってYDNの審査が厳しくなっていて審査落ちして広告を出せないということありますが、YDN審査落ちの記事に対策が書いてあるのでチェックしてみてください。

これからYDNを始めるには

これからYDNを始めていき稼いでいくにはどのような手順で進めていけばいいのか解説していきます。

1:Yahooプロモーション広告の登録、YDNの登録

まずYDNというのはYahooプロモーション広告の一部のサービスなので事前に登録しておかないと始めることができません。
→ PPCアフィリエイト始めるならヤフープロモーション広告に登録を!

すでに従来のスポンサードサーチで登録済みの場合はYDNに登録するだけになりますので
比較的簡単です、
2〜3日程度の審査後にYDNを使うことができます。

*現在は審査や登録は必要ありません
(2018年9月10日)

Yahooプロモーション広告に登録の仕方が細かく書いてあるんでこちらを参考にしてみてください。

2:広告を出稿するまでの初期準備

既にアフィリエイトを実践したことがある方は不要ですが、大まかに5つのステップがあります。

1:レンタルサーバーの登録
2;ドメインの取得
3:ワードプレスの導入
4:YDN向けのテーマをインストール
5:ASPに登録して商品を紹介

こちらに関してはメルマガ登録時にお渡ししているレポートに書かれているんで参考にしてみてくださいね。

→ YDN最新攻略マニュアルを無料でGETする

3:YDNで売れやすい案件の選定

ASPの案件というのは山ほどありますが、売れている案件というのはごく一部になります。

さらにYDNで売れやすいものだとさらに少ないってわけです。

広告を出してアクセスを集めるYDNですので、そもそも人気のない商品を
紹介しても売れませんしサイト作成や広告費の無駄で終る危険性があります。

そうならないためにも案件選びは重要で、細かい商品選定に関してはコチラで教えていきますが、やはり悩みが深い案件が成約されることが多いです。

というのも、悩みが深いので「早く治したいとか」という気持ちがめちゃくちゃ強いので商品を購入するまでの即決性が早いんです。

逆に「これもあったら楽しくなるよね」みたいな案件は悩みが0に等しく、いつ注文してもいいのでYDNには向いていません。

さらに金額に関しても高額な案件というのもYDNには向いていないで、低額でさらにお得な案件などがYDNには向いています。
→ YDNアフィリエイトで売れやすい案件は価格に左右される!?

4:選んだ案件でサイトを作成

案件選びが終わったら、YDN広告に出すためにサイト(ページ)を作成する必要があります。

いかに売れる商品だとしても、このページを見て公式サイトに誘導できなかったり、購入したいと思われないと買われないわけです。

従来のPPC(スポンサードサーチ)では、検索結果で広告が出てくるので簡単なページでも成約されますが

YDNではなかなか成約されないので、稼ぐための1つのポイントがこのサイト作成になります。

ですので、体験談風なのかストーリ調なのかまたは比較、ランキングサイトなど自分が作成しやすいようなサイトで勝負していった方がいいんですよ。

また、このサイト作成方法に関しても、YDN攻略メルマガで伝授していきますので参考にしていただければと思います。

5:ターゲティング設定&広告出稿していく

サイトが作成することができたら、YDNの管理画面で広告を出稿する作業になります。

スポンサードサーチと比べると、ターゲティングの部分が細かく設定できるので案件にあったターゲットを設定してみてください。

ターゲットを絞らないと、バストアップサプリの案件なのに男性にも広告が出て広告費の無駄使いになっちゃいますからね。

*ターゲティング設定のイメージ

 

この設定が完了したら広告を作成する作業になります。

先ほどの3つの広告タイプから選択して魅力的な広告をターゲットに対して配信していきます。

魅力的というのも、

ターゲットが見たときに思わずクリックしたくなり表示されたサイトとの関連性が高い内容ってことです。

サイトと広告文が全然違っていたら、広告がクリックされても離脱されちゃいますからね。

関連性というのがめちゃくちゃ大事になります。

広告作成が完了したら、審査完了次第、広告が配信されますので

あとは成約されるかどうか待つだけになります。*配信後はメンテナンスをして広告費の削減やサイトの修正を行います。

YDNアフィリエイトのまとめ

まだまだライバルも少ない市場のYDNなだけあって、教材や塾などもめちゃくちゃ少なくて情報が全然ありませんが、

稼いでいる人はコッソリとYDNで稼ぎ続けているということです。

そして何年後かにはノウハウが出周り、教材も多く参入者が増えていき単価も高くなっていく可能性があります。

そうなってから参入しては稼ぎにくくなってしまいますので、ライバルも少ない今がチャンスだと思っていますし、初心者にとっても稼ぎやすい手法の1つと言えます。

また他の手法でアフィリエイトをしていても従来のPPCやサイトアフィリ、
メルマガの集客なんかもYDNとの組み合わせは抜群に高いです。

なのでYDNだけで稼ぐというよりかは、今の現状にプラスすることだってできますし、

可能性が大きくなっていくだけなので、興味のある方はYDNにチャレンジしてみてください。